娘の一言で決意!プロペシアとミノタブで薄毛改善

c777_issyoubinwomottenote_tp_v

若い頃から薄毛で悩んでいました。自分ではあまり気にしていなかったのですが、周りからは薄いの、ハゲだの言われて、そこまで深刻ではなかったのでそれをネタにしたりしていました。

ハゲというと、例えばおでこが広くなるとか、つむじ部分がハゲるとか、はっきり分かる場合は何かしら対処の仕方というか、自覚もそれなりに早いのでしょうが、私の場合は全体的に髪が薄いのです。ですから、なんとなく薄毛が進行していても、いまいち気付くのが遅くなったのかもしれません。

それと、私の嫁さんは何故か人一倍私の髪の話題には気を遣うほうで、みんなが「薄い」と言っても「薄くない」と血相変えて否定するのです。どうしてそんなにムキになるのかは未だに謎ですが、まあ嫁さんには嫁さんの考えがあるんだろうとは思います。そんな嫁さんに甘やかされたわけじゃありませんが、正直、自分でそんなに薄いと思ってなかったのです。

ところが、娘というのは残酷です。ずけずけものを言います。先日、暑い最中でしたが、娘が変な事をしていました。頭に何か載せながら勉強しているのです。何してるの?と聞くと、頭に載せているのはなんとアイスノン。これすると、頭は冷えて冴えて来るし、姿勢も良くなって一石二鳥なんだとか。

へぇ~と娘の不自然な姿勢に妙に感心していると、お父さんもやってみる?とそのアイスノンを私の頭に載せたのです。その冷たかったこと。思わず、ひぇっと、素っ頓狂な声を出すと、あれ、冷たかった?、ごめんね。そうかお父さん、髪が薄いから直接地肌に当たって冷たいんだね、ごめんごめん。だそうです。悪気は無いけど的確で厳しいご指摘ですね。

娘に指摘されると気になってくるもので、私はついに本格的にAGA治療を始めようと動き始めました。病院に行くとかなりコストもかかるので、輸入代行を使ってみようかと考えています。プロペシアのジェネリックと、飲むタイプのミノキシジルタブレットで少しの間様子を見てみるつもりです。(ミノタブ おすすめ

コメントを残す