敏感肌の人がトリニティーラインを選ぶメリット?

AdobeStock_109128155オールインワンゲルは、化粧水や乳液、クリームなどの保湿効果のある基礎化粧品が1つにまとめられた半固形状の柔らかいゲル状のクリームのことを言います。中には、美白成分や化粧下地が不要で使えるものもあり、忙しい朝や、遅く帰ってきた時に手軽に洗顔後のケアができるようになっています。

オールインワンゲルは、成分に気をつけて選べば敏感肌の人でも使いやすいでしょう。例えば、美白や日焼け止め効果のある物は、敏感肌には刺激になってしまう成分が入っていることもありますし、香料や表示指定成分が入っていると、荒れることもあるので、気になるオールインワンゲルがあればテスターをもらい、目立たない所に塗って1晩パッチテストをして、確かめて問題がなければ使用するといいでしょう。

トリニティーラインのようなオールインワンゲルを使うと、1種類付けるだけで、色々な基礎化粧品を付けなくても済みます。敏感肌は髪が顔にかかったり、毛足のある衣服の繊維が少し触れただけでも刺激となり、傷みやかゆみを感じることがあります。

化粧品を付ける回数が減るとそれだけ肌に摩擦を与えることがないので、刺激を受けにくくなり、トラブルの発生を減らすこともできるのでしょう。肌の弱い人向けに作られているトリニティーラインのようなラインからオールインワンゲルを選んでもいいですし、吹き出物ができて炎症を起こしやすい脂性肌の場合は、抗炎症作用がある物を、かさつきで敏感になりやすい乾燥肌の場合は、角質の水分量を整える働きのある物を選ぶといいでしょう。

参照:https://www.h2h-inc.net/seibun.html

コメントを残す