痛風と食事療法について

痛風を解消していくためには、食事療法をきちんと行うことは必須です。

痛風の食事療法をする前に心に誓いたいのは、暴飲暴食を慎みながら、栄養がバランスよい食生活を心がけるのがポイントになってきます。痛風の治療は食生活の改善が、何はともあれ大事です。

 

痛風と耳にしますと、食品やドリンクはプリン体を含むものという印象が強いものです。でもここ数年では、基本的なカロリーの制限も意識をする必要が出てきています。

プリン体をたくさん含有する、魚の干物やレバーは、過剰に食べ過ぎないようにすることです。カロリーが低くて、さらに尿酸を外へとだしてくれるような、たくさんの食物繊維を含んでいる食材を選んで食べましょう。脂っぽいメニューを、おなかいっぱい食べるのはやめることです。

 

食物繊維というと、健康食品のパウダーなどを思い浮かべるかもしれませんが、食物繊維は普通の食材で摂取ができます。新鮮な旬を迎えた野菜は最高に、食物繊維もビタミンも多く含んでいますので、食べるなら旬の野菜です。それから、低カロリーなきのこ類も、積極的に食べたほうが良い食べ物のカテゴリーになります。

お酒を飲むのが好きな人が居るでしょうが、アルコールというのは、体内の尿酸値をぐんぐんと引き上げてしまいます。ビールはプリン体の塊のような多さですが、ワインや焼酎などのお酒も、飲み過ぎは禁物です。

ほかにも果糖を意識する必要もありますので、甘い果物を食べ過ぎるのも控えるべきでしょう。

 

 

コメントを残す