自然派化粧品とはどういった化粧品なのか?

自然派化粧品とは、ナチュラルコスメともいわれるものです。天然の植物由来の原料を使用している化粧品というのが自然派化粧品の定義です。この定義は、合成成分が含まれていないという定義ではありません。

最近のオーガニックブームの中で、ナチュラルコスメや自然派化粧品、オーガニックコスメ、無添加など、さまざまなキーワードがでてきていますが、それぞれ定義や基準が違うため、わかりにくくなっています。オーガニックコスメと自然派化粧品は同じようなタイプでなんとなく肌に良いもの。と言うイメージがありますが、自然派化粧品はその素材が天然の植物由来であるということを意味しています。それに対してオーガニックコスメはその天然成分がオーガニック(有機)で育てられたものであることを定義としています。それぞれ重視しているポイントが違うのです。ロコイド軟膏

海外には複数のオーガニック認証機関があり、オーガニックに関しては厳しい基準が設けられています。認証を受けた化粧品にはマークがついており、選ぶときの基準になりますが、これも統一基準と言うわけではありません。

日本では公的認証機関がなく、オーガニックや自然派化粧品に関しては後進国。定義も基準もまだ曖昧な部分が多く残されています。現状では、少しでも天然由来の成分が入っていれば、自然派を名乗ることができ、特に罰則もありません。肌に悪い成分と言うわけではありませんが、自然派化粧品には合成成分を含んでいる商品も多くある。ということを認識しておく必要があります。

コメントを残す